「美容」「健康」「温活」「エステサロン」福岡市中央区天神の「なでしこ美人」

  • ご予約お問い合わせはお電話でどうぞ
  • メールでのお問い合わせはこちら

なでしこ美人のエステメニュー

  • なでしこ美人のフェイシャル
  • なでしこ美人のバストアップ
  • なでしこ美人のボディケア
  • なでしこ美人の脱毛
  • なでしこ美人のシーライン
  • なでしこ美人のよもぎ蒸し
  • なでしこ美人のブライダルエステ
  • なでしこ美人は医療機関提携サロンです
  • なでしこ美人のフェイスブックページです
  • なでしこ美人のispotのページはこちらです
  • エステティシャン募集中

なでしこ美人の施術メニュー

よもぎ蒸しメニュー

よもぎ蒸しとは

よもぎ蒸しの道具

よもぎ蒸しは韓国で600年前から行われていた民間療法です。
粘膜からよもぎを煮出した蒸気を吸収させ、下半身を中心に全身を温めます。美容効果はもちろん、婦人科系のお悩みやダイエットにも大変効果的です。
シャワー文化が浸透し、湯船に浸かることが少なくなった現代の女性は冷え性やムクミ、不妊などに悩まされていることが多いのが現状です。
女性特有の臓器である、子宮を温めることでレディースブルーなお悩みの改善を手助けします。

黄土について

大地の恵みのイメージ

黄土は、中国や中央アジア、北アフリカ、アメリカ等、地球の表面の10%を覆っているといわれ、100年、1000年の間、太陽の光を浴びてそのエネルギーを蓄えた、太陽エネルギーの貯蔵庫とも言えます。
黄土はたやすく崩れないねばりを持ち、水を加えると粘土に変わる特徴があります。黄土は粒子が細かく、微細な穴を通じて空気が自由に出入りして温度と湿度などを適切に調節してくれ、たくさんの酵素が含まれているため、解毒作用、浄化作用が優れています。黄土本来の力で80%くらいの 遠赤外線を放射しますが、さらに60℃以上の熱を加えると97%の遠赤外線放射によって体の芯まで温めることができます。

※写真はイメージです

黄土よもぎ蒸しと、ほかのよもぎ蒸しの違い?

黄土よもぎ蒸しは…

よもぎ蒸し施術のイメージ

黄土は粉子が細かく、たくさんの酵素が含まれているので、解毒作用、浄化作用、自然殺菌力が優れています。使ったあと、洗剤を使わないことによって化学物質を身体に吸収させる恐れまでも除去しております。特に60℃以上で加熱すると多量に放射される遠赤外線によって体の心まで温める事ができます。黄土壺で漢方薬草を煎じたら、普通の壺より80倍の効果があります。

プラスチック

プラスチックは化学物質なので、いくら良い薬草を使っても、身体には化学物質が吸収されますので、ゆくゆくは身体に化学物質が積もることになります。よって、安全面でお勧めは出来ません。

木 材

漢方蒸しは熱を加えその熱で蒸気を発生させ、蒸気を身体に吸収させる仕組みとなっております。蒸気が発生すると木材は吸収力が優れ、木の座器も暖かくなり、雑菌が繁殖しやすい温度になります。木材は繁殖された雑菌を消毒する方法はありません。よって、衛生面でお勧めできません。

期待できる効果は?

用途で選べる3種類の漢方

美容用

アトピー、ニキビ、むくみ、シミ、くすみ、そばかす、慢性便秘、受験生の集中力アップ、糖尿病、低体温改善、アレルギー性鼻炎、花粉症、冷え症、ぜんそく、肩こり、痔、貧血、腰痛、前立腺各種の癌予防など

①艾葉(ガイヨウ) ②人参(ニンジン) ③益母草(ヤクモソウ) ④川弓(センキュウ)
⑤当帰(トウキ) ⑥甘草(カンゾウ) ⑦紅花(ベニバナ) ⑧薄荷(ハッカ)
⑨茵陣(インチン) ⑩陳皮(チンピ) ⑪黄柏(オウバク) ⑫白術(ビャクジュツ)
⑬桂皮(ケイヒ) ⑭五味子(ゴミシ) ⑮茯苓(ブクリョウ)

婦人用

生理痛、生理不順、子宮筋腫、子宮内膜症、膀胱炎、尿失禁、不妊症、膣の引き締め、更年期障害、子宮ガン、産後の子宮健康管理など婦人科系全般

①艾葉(ガイヨウ) ②人参(ニンジン) ③益母草(ヤクモソウ) ④川弓(センキュウ)
⑤当帰(トウキ) ⑥甘草(カンゾウ) ⑦紅花(ベニバナ) ⑧薄荷(ハッカ)
⑨茵陣(インチン) ⑩黄柏(オウバク) ⑪白術(ビャクジュツ) ⑫杜仲(トチュウ)
⑬牛膝(ゴシツ) ⑭狗脊(クセキ) ⑮蒼朮(ソウジュツ)

ダイエット用

体脂肪の低下、体重減量、下腹部肉落ち、疲労回復、イライラのストレス解消など

①艾葉(ガイヨウ) ②人参(ニンジン) ③益母草(ヤクモソウ) ④川弓(センキュウ)
⑤当帰(トウキ) ⑥甘草(カンゾウ) ⑦紅花(ベニバナ) ⑧薄荷(ハッカ)
⑨茵陣(インチン) ⑩陳皮(チンピ) ⑪葛根(カッコン) ⑫露根(ロコン)
⑬玉竹(ギョクチク) ⑭五味子(ゴミシ) ⑮枸己子(クコシ)

ページの先頭へ